日本アキュライド株式会社 Accuride



アキュライドスライドレールはプレスフォーミング(ダイフォーミング)製でその精度、特に真直度は他社のロールフォーミング製より数段優れています。
コピーマシンの原稿台案内用にまた内部の光学系移動用にと多くの採用実績が、優れた質を物語っています。
今日ではアキュライド設立時より生産を続けている高品質のベイシックモデル以外にもプレスフォーミングの特長を生かした2700シリーズ・3270シリーズ・3300シリーズ等を生産、スライドレールのグローバルトップメーカーとして、お客様の様々なご要望にお応えしております。

アキュライド(Accuride) : Accurate(精密な) + Slide(スライド)精密に
スライドするという意味の合成語です。

 こちらのページでは
 ・「アキュライドスライドレールのフルライン」はアキュライドのモデルバリエーションのご紹介
 ・「アキュライドスライドレールの特長」はアキュライドスライドレールの特長についてのご紹介
 ・「スライドレールの基本機能」はアキュライドスライドレールの基本機能ついてのご紹介を
 各ページにてご紹介させていただきます。

 スライドレールの基本機能



スライドレール長さ

 スライドレールの長さは、完全に閉じた時の長さです。
 トラベル(移動距離)は、最大にスライドレールを伸ばした時の全長から、上記のスライドレール
 長さを差し引いた長さです。

スライドレールトラベル

 スライドレールを最大にのばした時の移動距離を表すトラベルには、
 「イコールトラベル、オーバートラベル、アンダートラベル、フロント・リアトラベル」の
 4種類があります。
 また、スライドレール長さの3/4を引き出せるものを「3/4トラベル」、スライドレール長さ
 以上を引き出せるものを「フルトラベル」と呼びます。


ストップタイプ

 スライドレールを全開した時に、引き抜くことのできないタイプ。
 全開状態では固定(ロック)されない。


消音ストップタイプ

 全開時および全閉時の金属音を軽減します。
 消音パーツとしてはフェルト・バンパー・ゴムクッション等があります。


ディテント機構

 スライドレールを全開したとき、あるいは全閉したときに簡易に固定する機能。
 全開時をディテントアウト、全閉時をディテントインと呼びます。


フロントディスコネクト

 ドロワーメンバー・インナーメンバーをフロント側に引き抜きできるタイプ。


フロントディスコネクト ロックタイプ

 スライドレールを全開した時に、ロックされスプリング・レバー等を操作する事により
 解除され、引き抜けるタイプ。

フロントディスコネクト ブレーキストップタイプ

 スライドレールを全開した時に、ブレーキストップ(フリクションストップ:摩擦抵抗)し、
 さらに強く引くと引き抜けるタイプ。